東原亜希が痩せたのは骨盤ベルトのおかげ?

女性は、妊娠、出産という人生においての大きな幸せなイベントを迎える事が一般的にはあるのですが、やはり妊娠中から、出産後には体は変化します。

 

そして、多くの女性はサイズが大きくなってしまうという事で産後にはダイエットを考えます。

 

しかし子育ても忙しいなか、なかなかダイエットに励む事が出来ずに失敗に終わってしまうパターンが多く、結局はサイズが大きいままで月日が流れてしまってそのサイズをキープまたは更に大きくなってしまうケースもあります。

 

それではどんどんサイズが大きくなっていってしまいます。

 

そこで、東原亜希さんが実践したダイエットが注目を集めています。

 

産後ダイエットを成功させる

東原亜希さんは産後のサイズダウンを成功させたという事なのですが、どのような方法を実践したのでしょうか?

 

「骨盤ケア」という方法を使ってサイズダウンに成功させたのですが、骨盤とダイエットの関係はなかなか結びつかないものですよね。

 

しかし骨盤は体の中心で体を支えている部分であり、上半身、下半身の間に挟まれています。

 

上半身ではすぐに内蔵がありますし、下半身では股関節からおしりと繋がっています。
ここがポイントになるのです。

 

東原亜希プロデュース細型骨盤ベルトの正しい巻き方

 

骨盤周りの滞りはサイズアップを招く

骨盤周りの滞りはサイズアップを招く

上半身、下半身を支えている骨盤は両方に挟まれているという事で滞りが出やすい場所でもあります。

 

滞りが悪くなってしまうという事は血液の流れが悪くなって、それが冷えてしまい脂肪を溜め込みやすい体になってしまうのです。

 

そうなってしまえば、内臓、股関節も冷えが生じて血液の流れが悪くなってしまうと、排出しにくい体になってしまうのです。

 

骨盤ケアですっきりボディ

 

そこで体の芯である骨盤をケアするという事は滞りを失くすサポートをするという事になります。

 

ケアをしっかり出来れば代謝がよくなる体に近づく事が出来る為、溜め込みにくいスッキリとした体を産後でも取り戻す事が出来、サイズダウンも成功させる可能性があるのです。

 

ベルトをつけてもすぐは痩せない、減量はむくみがなくなるから

骨盤ベルトを使う上で気をつけたいことは、即効性についてです。実は、つけて数日ですぐさま脂肪が燃焼されるということはありません。

 

たしかに有効なダイエット法ですが、その本質は身体の歪みを改善して基礎代謝をアップさせるという点にあります。下剤のように、身体のなかの不純物をドバドバと落とすようなものではないということです。

 

ただし、骨盤ベルトをつけてすぐ、体重が1〜2キロほど軽くなることがあります。これは、身体の歪みが改善されることで体液のめぐりが良くなり、溜まっていた水分が排出されるためです。

 

つまりはむくみが改善されたということで、産後によくある足のダルさなども良くなるでしょう。

 

ただし、けっして減量できても脂肪が燃焼されたというわけではない点に気をつけてください。1〜2キロ落ちた後は、自然と停滞期に入るはずです。

 

骨盤ベルトの激やせ効果を発揮させる2つの選び方

さまざまな骨盤ベルトが市販や通販で売られていますが、どれを買っても良いというわけではありません。次のような要素を比較して、自分に合ったものを選ぶ必要があります。

 

サイズ

自分にぴったりのサイズを選ばなければ意味がありません。ゆるいと矯正力がなくなりますし、きついと血行が悪くなって逆に太ることがあります。

 

そのため、安易にランキングや口コミだけを見て選ぶことはおすすめできません。メジャーを使って、骨盤周りのサイズをしっかり測って選びましょう。難しい場合は、サイズ調整機能が付いているものがおすすめです。

 

素材

ゴムや綿などさまざまな素材がありますが、とくに通気性に気をつけたいところ。1日中つけていると、ムレて不快感がありますし、臭いの原因にもなります。通気性という面だけで考えれば、メッシュ生地がとてもつけ心地が良いためおすすめです。

 

産後はとくにむくみやすい時期、下半身太りする3つの理由

産後はとくに下半身太りが多いと言われています。その理由は、次のような理由でむくみが発生しやすいためです。

 

血液が減ったため

出産すると、身体の血液量が急激に減ります。これは、子宮に血液を供給する必要がなくなるため。この過程で、出産後1〜2ヶ月ほどの一時的なむくみが起きます。

 

座っている時間が増えるため

妊娠中や出産後、立って活動する時間はあまりないはず。安静に過ごさなければいけませんし、授乳中はじっと座っていなければなりません。同じ姿勢をずっと繰り返すことで、体液が次第に下半身に溜まっていってしまうというわけです。

 

自律神経が乱れるため

出産後はホルモンバランスの変化や、慣れない育児や夜泣きによるストレスで、自律神経がとても乱れやすい時期です。自律神経が乱れることで、血液の流れが悪くなってむくみが起きます。

 

骨盤ベルトとデトックス系ダイエットサプリの併用で足痩せを実現

東原亜希さんが実践した骨盤ベルトダイエットは、むくみにも効果があります。骨盤の歪みを整えることで周囲の体液のめぐりが良くなって、むくみが解消されるというメカニズムです。

 

ただし、それだけでは不十分です。本当に改善するなら、カリウムを摂る、質の良い睡眠を確保する、運動して筋肉をつけるなどしなければなりません。

 

しかし、産後の体調が不安定で育児に忙しい時期に、これらをすべて実践することは難しいでしょう。

 

そこで、ダイエットサプリを使って不足分を補うようにしましょう。とくに使いたいものが、デトックス系のダイエットサプリ。余分な体液を排出させて、むくみを解消させるものです。

 

産後ダイエットは絶対に無理をしない、何かあったら医師に相談

産後の下半身太りはデトックス系のダイエットサプリが1番ですが、体調が不安定だということには気をつけてください。成分の効き目が強く出過ぎて、思わぬ健康被害に遭うかもしれません。

 

ダイエットサプリを使う時は、担当の医師にしっかり相談すること。そして、下痢や吐き気などの異常があったら、すぐに使用を止めることが重要です。

 

東原亜希さんおすすめの骨盤ベルトや、それをサポートするデトックス系ダイエットサプリなどを駆使して、産後の下半身太りを乗り切りましょう。